>

加圧トレーニングをするときにしてはいけないタブーとは?

トレーニング前の運動と食事には気を付けて

トレーニングをする前に、よくジムまで走ってくるという方がいます。
間に合わないかも、と思って猛ダッシュしてくる方もいらっしゃいます。
猛ダッシュは、その後の加圧トレーニングを辛くしてしまいます。
ただでさえ負荷をかけるトレーニングをするのに、最初から自分に負担をかけるのはかえってオーバーワークになってしまいます。
トレーニング時間が30分ほどのところでは、実際猛ダッシュをしてきた人がトレーニング中に気持ち悪くなってしまうアクシデントが起きているそうなので気を付けましょう。

また、同様の理由で満腹になるまでの食事も控えるようにしてください。
できるだけ2時間前に食事をとるか、直前に食べる場合は軽めにするなど工夫することが大切です。

効果を下げること

トレーニング前にしてはいけないこととほぼ同じようなことが言えますが、加圧トレーニングで筋トレをした直後に続けて筋トレを行うのはやめましょう。
せっかくの加圧トレーニングの効果を下げてしまいます。
直後にどうしても運動したい場合、有酸素運動もしくはストレッチをしてください。
筋トレは、加圧トレーニングの2、3日後がベストです。

加圧トレーニングのあとはおなかがとてもすいてしまうという方がいらっしゃいます。
確かにハードなトレーニングですから、おなかがすいてしまうのは自然なことなのですが、暴飲暴食は控えて下さい。
トレーニング後2時間は、血行が促進されているため、脂肪が燃えやすくなっていますから、できればこの間は食べるのを控えるようにしましょう。


この記事をシェアする