>

トレーニングの効果を上げる食事法とは?

トレーニングの前後の食事

トレーニング前には胃腸に負担をかけないことが大切です。
つまり、消化の良いものを選ぶことが大切です。
そして、トレーニング時のエネルギー源になってくれる糖分を摂取しておくとよいです。
そこで、特におすすめなのがバナナです。
糖分が含まれている上に消化しやすく、トレーニングの強い味方となってくれるでしょう。
トレーニングの30分前に食べるのがベストです。

トレーニング直後はあまり食べない方が良い、ということでしたが、プロテインを摂取するのは良いかもしれません。
トレーニング後は特に栄養を吸収しやすくなっていますから、より筋肉の成長を促すことができるかもしれません。
反対に、糖質や脂質は摂取しないようにしましょう。

トレーニング後に食べたい食品

トレーニング後に食べるもので、タンパク質を取ろうというのはお話しました。
中でも、体内で合成不可な必須アミノ酸を多く含む食品を食べるようにすることは、健康維持においても大切です。
そんな、必須アミノ酸をよく含んでいる食品をご紹介していきましょう。

タンパク質といえば、やはりお肉です。
なかでも、脂質が少ない鶏むね肉やささみがおすすめです。
豚肉と牛肉は脂質が多めですので、取りすぎないようにしましょう。

トレーニングしている際の食事に欠かせないのが卵です。
良質なタンパク質を豊富に含んでいます。
食べ方としては、目玉焼きのように油を使うものよりも、茹で卵がおすすめです。

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品も良いです。
積極的に食事に取り入れてみて下さいね。


この記事をシェアする